ウチの現場の凄さを記す

新型コロナ飛沫感染対策品ニュース日記

PD wrote

なんか急に取材、記事掲載ラッシュで、一部舞い上がっている方がいるかもしれないのと、
勘違いが無いといいな。と思ったので
言っておきたいことがあります。

 

『凄いのはウチの現場ですよ』

 

無茶に近い要望に対して
・段取りする営業
・図面を引く企画
・とにかく作り上げちゃう工場
・売る仕組みを作っちゃうEC

 

『凄いのはウチの現場です。』

 

僕は、ただただ、こうして出来事を、現実をアップしつづけるだけ。
髪の毛ほどしか貢献していませんから。

 

 

例えばですよ。
このPCRボックスが記事掲載されましたよって話。

 

5/4に要望がありましたよって話で口火が切られ

 

5/7にPCRボックスは韓国でよく使われていて安い商品もあるってことで、韓国から仕入れられないか調べるも、どうやら難しいってことで社内協議。
(ウチには、留学生の社員がいて、韓国語も、中国語も、英語も、さらに東南アジアもいけちゃうこと自体、凄い)

 

5/8には、図面ができて、速攻で材料手配

 

5/9に材料が届いて、作っちゃうんですよ。

PCRボックスの骨組みを組んでいる写真

▲組み始め

 

PCRボックスのコロコロを付けている写真

▲コロコロつけて(ベテランとペア組んでるの、ついこの間2年目になった社員ですから)

 

PCRボックスの試作が出来上がった写真

▲えっ。できちゃった。

なんか、この写真を見たとき、工場現場の意地を感じました。

 

5/11にプレスを出して

 

5/12に取材受け。その間も。。。

PCRボックスに照明を入れた写真

▲照明つけなきゃ

 

PCRボックスの正面斜視から撮影した画像

▲手袋つけなきゃ

 

と、どんどんバージョンアップして

5/13に新聞掲載

 


こんな話。1つじゃないですよ。

 

エアロゾルボックスに始まって、飛沫感染対策アクリル板仕切り

 

やっと落ち着いたと思ったら、

 

診察用の飛沫感染対策アクリル仕切りを作ってみた写真

▲診察用のアクリル板仕切り(まだ途中ですけど)

出来上がったのを拝見し、僕が使用者の立場でフィードバックしたら(余計なこと言っちゃって、仕事増やしちゃったかなと思っていたら)

 

診察用の飛沫感染対策のアクリル板仕切りで高さ調整を可能にした試作の写真

▲夕方には高さ調整式になってる・・・

 


普段は、ネタが看板ですけどね。
今は、たまたま飛沫感染対策関連でザワついてますけど。

 

 

ウチは、iphoneとか作れないですし、
ウチは、一目見て凄い!と言わせるようなハイクオリティのものを作れないけど、
「これ、何とかならない?」ってものを何とかしちゃう

 

今回の様々な記事掲載で勘違いしてほしくないんで、
書きました。

 

『凄いのはウチの現場です。』

Share Button