更新

PD wrote

pdとはWhat's PD ?

看板屋の資産を活かし

モノ(プロダクト)コト(プロジェクト)を生み出す

デザイナーやプランナーに開発機会を提供する場

 

pdは、

看板をつくっている協同工芸社/製品開発部が行う

開発型社会活動です。

 

「看板屋だからできる製品開発を通じて楽しんでもらう人を増やそう!」

学生のみなさん!
デザインを学んだ社会人のみなさん!
そして、協同工芸社の若手社員のみなさん!

 

会社で働く=言われたことをやる=ツマんねーなー

 

そう思ってません?

 

確かにそういう会社って多いし
この文章を書いている今。当社も、こういう現実が多くの割合を占めているのは確かです。

 

僕らは、pdの取組を始めることで、いままでの固定概念を破壊しよう!と思っています。

 

仕事を通じて、常に、ドキドキワクワク自己実現できることが理想だけど
正直、それで成り立つ会社は希少ですし、僕らに当てはめることも現実的ではない。
でも、30%くらいやってもバチは当たらないんじゃない?
そう思っています。

 

本来、会社は、個人が会社を通して社会貢献し、自己実現するためにあるものですからね。

 

そう考えたとき、ふと看板を作る私たちの工場を見渡すと・・・
『もっと、いろんなコトができるんじゃないか?』
『もっと、いろんなモノができるんじゃないか?』
と思いました。

 

これが、
「製品開発=無限大」
というロゴデザインの源につながるストーリーです。

 

看板屋だからできる製品開発を通じて楽しんでもらうこと。

それがpdの存在意義です。

 

ちなみに、pdは、
5年後、10年後、
今いる若手社員が成長し、若手社員が能力を発揮し、
「会社に行くのが楽しみになって欲しい」
そんな願いも込めて作った箱でもあるんです。

 

 

さあ、pdでアナタは何をする?

 

2017年6月15日 製品開発部 吉岡和重

 

 

以下に、概要・ロゴを示します。

「Mission」

  • 看板製作技術を活かし「こんなのあったらいいな!」を形にすることで世の中を感動させよう

 「Vision」

  • 会社を活かせる会社の先駆者になりたい!
  • はたらく。を楽しめる会社になりたい!!

「Value」

  • Future is the better:最新の自分が最高の自分。謙虚さを持ち学び、常にUPDATE。仕事を楽しもう。
  • One and only:自分らしく。かといって自分勝手にあらず。信念を持って羽目を外そう。
  • Keep your kindness:優しさこそ本当の強さ。笑顔を大切に。紳士に、優しく、勇敢に。本音を言える優しさを持とう。

「強み」

  • いろんなものを作れる機械・人
  • 50年以上の歴史と1000万件以上の実績によるご縁
  • オープンマインド。結構いろんなことをやらせてもらえる経営者

「大切にしたいこと」

×
やってみよう 考えすぎ
楽しもう 固い
乗っかる 否定する
反応する 無視
自分の好きを大事に 周りを気にする
ファンづくりを大事に 売上を大事に
自分事に 他人事

「やってみたいこと」

  • 看板技術認知向上
  • デザイン学科つなぎ
  • デザイナーや学生に開発機会を提供

「誰とするか」

  • 僕らと知り合いの方
  • 看板周りの技術を持つ企業
  • ご縁があって当社と知り合った学生や社会人

「ロゴデザイン」

pdのロゴデザインは、1年目の女性社員がコンセプトを元に考案しました。

以下は、アイデアサマリーです。

 

Product Development(製品開発)の”p”と”d”を活かしたロゴデザインにしました。

パターン・背景柄として使用しやすいデザインにするため、「正方形に収まること」「対称性」を重視しました。

また、カラーリングした部分は「∞=無限大」を意味しており、

・製品開発には、無限の可能性やアイデアがあること

・「身近にある様々なものを実際に作れる協同工芸社」が行う製品開発には無限大の可能性がある

ことを示しています。
(単体ロゴ)

 

(パターンへの展開)