WATASHI-PJ-2018お子様サポートメンバー募集

活動の記録watashi-PJ

PD wrote

『千葉の子供たちにものづくりの楽しさを味わってほしい!』

 

WATASHI-PJ-2018お子様のサポートメンバー募集のお話しです。

 

教育学部などお子様好きの3年生orM1生の皆様。
こんにちは。協同工芸社の吉岡です。

 

ほんの少し時間をいただき、僕らのアイデアを読んでいただけますか?
(だいたい3分)

 

 

私たちは看板をつくっている企業です。
看板屋といっても、われわれ協同工芸社は、こんなものまでつくっています。

 

▲千葉県を代表とする施設のサイン

 

▲大学のモニュメントサイン

 

2017年から、首都大学東京・千葉大学・千葉工業大学・日本大学生産工学部のデザイン学科学生の合同インターンシップとして
「REUSE WORKSHOP~地域のお子様を集めたワークショップ」開催を始めました。
★千葉市から後援をいただいている催しです★

 

具体的には、看板を作る際に生じる端材を用いて
ものづくりワークショップを行っています。

 

『千葉の子供たちにものづくりの楽しさを味わってほしい!』
という学生の想いで始めたこの活動ですが、

・お子様への告知
・お子様にとって意味のあるものにするアイデア
・当日、お子様の誘導・安全確保

のリソースが不足しています。

 

特に
・お子様への告知
が苦手です。

 

 

ちなみに、昨年行ったのは・・・

▲モビール作り

 

▲ネームプレート作り

 

▲ネジロボ作り

 

でして、

 

参加者は
・当社の目の前にあるスーパーでのチラシ配り
・当社社員の家族に参加してもらう
形で、何とか集めた感じです(汗)

 

先の写真からも伝わると思いますが
参加いただいた親子の皆様は、大変楽しんでいただいています。

 

学生も、お子様にものづくりの楽しさを伝える経験ができたことに
喜んでいただいております。

 

今年も、ものづくりが好きな学生に
同じ経験をしていただきたいので、
千葉大学・教育学部3年生orM1生の皆様に
協力いただきたいです。

 

 

具体的には、
・当社における打ち合わせに1~2回オブザーバーとして参加
・ワークショップ当日(8/25土曜日)のお子様の場内誘導
をお願いしたいです。

 

もし、共感いただき、ご協力いただけるようでしたら
以下の申し込みボタンよりメンバー参加いただきたいです。

 

よろしくお願いします。

 

Share Button