筑波大学の芸術学群卒業終了制作展に行ってきました!

活動の記録インターンシップ

PD wrote

当社にデザインを学んだ学生が入る場合、出来る限り内定者の卒業制作を見に行っています。
今年、初めてご縁があって来月入社される筑波大学の卒業終了制作展は、お初です!

(アイキャッチ画像の作品は、構成の授業をさせていただいた時の、サポート学生の作品で、院生のため別日程だったのですが、どうしても見たくて見に行った作品。静止画じゃわからない凄いことが起こります)

 

 

構成の先生と面識があった関係もあり
テクスチャーや幾何学を題材にした作品は、個人的に好きでしたね。

 

木の枝。集めるの大変だったろうなー

 

落書き?なんだろうけど・・・

 

独り言すらテクスチャーにしてしまいます。
なんだかんだ、それらしく見えるところが凄い。

 

作品のクオリティーもさることながら、
驚いたのが、作品+論文も作っていたことです。

どうです?このブ厚さ。100ページ超えの論文ばかりでした。
本当、大変だったろうなって思います。

 

そんな中、一番目を惹いたのが
SNSに関する学生目線の記事としてまとめられた作品
デザイン・視点ともに素晴らしいな。と思いました。
って、転載NGのため、お見せできないのが残念なのですが・・・

 

時間に限りがあり、全部拝見できなかったので
「できたら拝見したい。」とお願いしたら。。。

 

なんと!
原本を送っていただきました!

しかも、お手紙つき!!

(どうしても嬉しかったのでボカして載せましたが、NGだったら削除します)

 

改めて読ませていただくと、
学生の日常・SNSに対するホンネといったコンテンツだけでなく
学生が親しみやすいレイアウトだなーって勉強になりました。

 

ほんと、卒展は、いい刺激をもらえます。

筑波大学。さすがのレベルでした!!

Share Button